「秘書」の仕事は、会社にとって地位のある人間をサポートする、様々な能力が求められる仕事です。
スーツに身を包み、颯爽とスケジュール管理などを行う姿は、女性の憧れですよね。

「秘書の求人は、特別な人しかつけない仕事」 と思いがちですが、実は未経験から秘書職をスタートしている先輩もたくさんいます。
頼れる有能な秘書になるめに、仕事内容などをチェックしてみましょう。

「秘書」の仕事内容が知りたい!


「秘書」の仕事には下記のように様々な働き方があります。

  企業で勤める「企業秘書」
  医療機関で働く「医療秘書」
  政治家につく「政治秘書」
  大学の研究室などで働く「学校秘書」


ですが、どの仕事でも共通しているのが、自分のつく上司をサポートする、という点です。
主な業務は下記のとおり。

  スケジュール管理や
  来客対応
  メールや電話の取り次ぎ
  外出への同行
  資料作成
  ファイリング


・・・など、上司が気持ちよく働けるよう、秘書が気配りを行う必要があります。

無資格でも秘書業務を行うことができますが、「秘書」の基本知識を持っていることをアピールするためにも、「秘書検定」「CBS検定」などを取得してから、面接に臨むと有利でしょう。
派遣社員として経験を積み、正社員の「秘書」を目指した例も多いですよ。

「秘書」の仕事は上司との相性も重要なため、まずは面接へ行ってみるのもオススメです。
採用後にサポートする上司が、面接へ参加している例も多いですから、目の前で良さをアピールし、熱意を伝えてみましょう。

「秘書」に向いているのはどんな女性?

「秘書」の仕事に向いているのは、裏方業務が好きな性格の女性です。
常に上司の一歩後ろで、細やかな気遣いを行う「秘書」の仕事は、縁の下の力持ち的存在になるでしょう。

サポ―トする上司によって、趣味や行動の仕方、付き合いのある人物などが変化するため、臨機応変に対応できるスキルも重要です。
人の顔や名前を覚えるのが得意、相手の良いところにすぐ気付ける、と言う女性は、その力が大いに役立ちます。

資料を作成するためのパソコンスキルや、外国の取引先などでは英語力などが求められることもあるでしょう。
仕事に必要な知識を、自ら率先して得るなど、積極的な性格な女性も「秘書」に向いています。

「秘書」の仕事は経験を重ね、力をつけていく仕事です。
将来は、どんな「秘書」になりたいかという、理想像を明確にして、自分磨きを欠かさないようにしたいですね。