銀行や証券会社などで働く「金融事務」の仕事。
お客様の大切なお金や資産を預かる、重要な仕事です。

その一方で、しっかりとしたマニュアルがある職場も多く、未経験や派遣で活躍している女性もたくさんいます。
「窓口で働くのに憧れている」 それなら、金融事務の求人に応募してみませんか?

「金融事務」の仕事内容が知りたい!

 

「金融事務」の仕事は、銀行と証券会社とで働き方が違います。
それぞれの特徴を押さえ、自分に合っている職場を選びましょう。

銀行で働く場合

お客様の案内、口座開設や支払い、入出金対応、ATM管理、電話応対、データ入力などの仕事があります。
経験を積んでいくうちに、重要なお客様への対応や、外貨預金やローン、保険などのお勧めなど、営業的要素も増えていくでしょう。

パソコンを扱うことが多いため、PCスキルや事務経験があると、より活躍できるでしょう。

証券会社で働く場合

口座の開設や株式を保有している顧客のサポートがメインの仕事となります。
株式市場はめまぐるしく変化しているため、電話や窓口で急ぎの業務を頼まれることもあるでしょう。
「顧客のプライバシーを守る」「会社の情報を漏らさない」といった守秘義務を徹底しなくてはいけない点も、覚えておきましょう。

証券についての知識は、営業マンや証券アナリストなどが担当するため、未経験からでも働くことが可能です。
日々の業務をこなしながら、経済事情に詳しくなっていける仕事です。

「金融事務」に向いているのはどんな女性?

 

「金融事務」は、お客様との対応が主な仕事になるため、コミュニケーションスキルの高い女性が求められます。
相手の話へ耳を傾け、丁寧な応対ができれば、リピーターを獲得できるでしょう。

「笑顔には自信がある」「明るくハキハキとした話し方ができる」という女性は、転職先候補に入れたい職種です。
金融商品をお勧めする機会が多いため、プレゼン能力が高い女性も重宝されます。

証券会社では特に、経済的な知識が重要となります。
新聞は毎日チェックしている、四季報を読んでいる、個人で株を保有している、といった女性は、毎日の仕事を楽しめるでしょう。

将来、「ファイナンシャルプランナー」を目指している、という女性にも向いている職場です。
働きながら、資格取得を目指している女性も多いですよ。

ファイナンシャル・プランナー(Financial Planner)は、顧客である個人から、収支・負債・家族構成・資産状況などのソース提供を受け、それを基に住居・教育・老後など将来のライフプランニングに即した資金計画やアドバイスを行う職業・職種、およびその職に就く者。
略してFP(エフピー)とも呼ばれる。

引用:Wikipedia(https://ja.wikipedia.org/wiki/ファイナンシャル・プランナー)


安定した職場のため、“長く働ける”“産休や育休の取得実績が多い”という点も「金融事務」の魅力です。