企業が商品を輸入、輸出するにあたり、やりとりや手配を担当する「貿易事務」のお仕事。
外国語を使いこなし、メールや電話応対を行っている姿は、多くの女性の憧れです。

専門職ではありますが、 「語学力に自信がある!」 「英会話のスキルを磨きたい!」 という、元来の英語力や、前向きな気持ちがあれば、未経験からでもスタートが可能ですよ。

「貿易事務」の仕事内容が知りたい!

「貿易事務」の仕事は、輸出、輸入に携わること全般に渡ります。
多くの企業で、輸出部門、輸入部門が分かれており、どちらかの専属になるケースが多いでしょう。

「英会話教室へ通っていてネイティブな発音が得意」
「英文科だったので、英文メール作成に慣れている」
「TOEICで良い成績を残している」
といったスキルがあれば、大いに役立てられるでしょう。

もちろん、英語力だけでなく、パソコン操作や発注などの仕事を任されることもあるでしょう。
「貿易事務」は、外国相手の営業事務職だとも言えますね。

ちなみに、貿易事務の求人の多くに書かれている「コレポン業務」というのは、外国語での文書対応のことを指しています。
外国語、とありますが、主に英語が使われるため、メール、電話、書類など様々な業務がありますが、日頃から英語に触れ合っておくと、経験を役立てられるでしょう。

船積書類や出荷対応、英語での伝票処理、資材調達など、専門的な用語を覚えていく必要もあります。
大変な部分もありますが、自分の力で取引が成立していくため、大きな達成感を得られる仕事です。

未経験からスタートするなら

TOEIC600点以上、貿易実務検定取得、ビジネス英語検定取得、などを履歴書に書けると、大きなアピールポイントにできます。

「貿易事務」に向いているのはどんな女性?

「貿易事務」の仕事に向いているのは、何といっても外国語が好き、外国語が得意、という女性です。
一から英語を学ぶのは大変ですが、ある程度のスキルを持っていることで、知識を大いに役立てられるでしょう。

仕事の内容は営業事務職と似ているため、「営業事務」として働きながら、英語の勉強を重ね、貿易事務員へキャリアアップした例も多くあります。
「貿易事務」を経て「通関士」の資格を取得し、さらに活躍の場を伸ばすこともできます。

通関士(つうかんし)とは、輸出入されている物品の輸出入者が通関手続(税関への手続)を通関業者に依頼をした際に通関手続きの代理代行並びに税関への申請をするのに必要な財務省管轄の国家資格。
またはその資格を持ち税関から通関士の確認を受けて勤務している者を指す。

引用:Wikipedia(https://ja.wikipedia.org/通関士)


海外と日本では常識が違っているため、相手に合わせたマナーや対応を行う柔軟性や、時差や繁忙期の違いへ対処するフットワークの軽さなども、求められるでしょう。