病院などで、受付や会計の仕事を行う「医療事務」の仕事。
他の事務職よりも給料が良い、安定している、という声も多く。
医療事務の求人を優先して仕事探しをしている女性も多いのではないでしょうか?

今度、高齢化社会が進んでいくと予測されているため、需要は増すばかり。
「医療事務って未経験でもできるの?」
「医療事務の仕事はどんな女性向け?」
そんな疑問を解消し、転職に役立てていきましょう。

「医療事務」の仕事内容が知りたい!



イメージ参照元:https://ijiwork.com/column/column-23790


病院へかかる際、受付で診察券や保険証を出したことがあるかと思います。
その時に、受付を済ませ、カルテの準備をしたり、患者さんの案内を行ったりしているのが「医療事務員」です。


病気やケガを負っている時などは、元気が失われ、精神的にも落ち込みがちですが、そんな時にも受付でにこやかな対応を受けると、心がほっと軽くなる。
「医療事務」の仕事には、そんな役割もあります。

医療事務の資格を取得する!

病院の会計は、患者さんによって計算方法が変わったり、専門用語が飛び交ったりする世界ですので、最初は慣れない場面に戸惑うこともあるでしょう。
未経験でも働くことはできますが、事前に「医療事務」の資格を取得しておくことで、よりスムーズに働き出せます。


医療事務系の資格は非常に多く、どれを取得したら良いのか悩んでしまうこともあるでしょう。
受験者数が一番多いのは「メディカルクラーク(医療事務技能審査試験)」ですが、 市販のテキストが無いため、難易度は高めです。


「基本的な知識を学んでおきたい」 という場合は、手ごろな通信講座でも良いでしょう。
結婚で退職した場合も、医療機関はどこにでもあるため、復職しやすいでしょう。
出産後も、昼間だけ働くという選択ができるため、産後もバリバリ働きたい女性は是非目指してみましょう。

「医療事務」に向いているのはどんな女性?

「医療事務」の仕事は、患者さんと医師をつなぐ、サポート的な仕事です。
高齢者が増えているため、物腰の柔らかい、相手の気持ちに寄り添えるような女性であれば、愛される受付スタッフになれるでしょう。

痛みやだるさなどを訴え、機嫌の悪い患者さんへも、にこやかに気配りができるようになると素敵ですね。

医療用語や薬についてなど、専門知識を高めることが好き、という女性にも向いている職業です。
病気の流行をいち早くキャッチ出来たり、予防接種を働き先で速やかに受けられる、などのメリットもあります。

事務の仕事としては、特に数字と向き合うことが多いため、計算や入力が正確にできる力も求められるでしょう。