ハッピーポータル

幸せへの物語を綴る前向きな日乗(時々)


Growth Hacker Inc.の薀蓄(うんちく)をどうぞ!!

公式サイトブランディング街PRネット運営者情報想いContactUsリンク

 『 思考とは、言語によって涵養されるもの 』 言葉の研磨で高まる思考。 書いて綴って、創造力を磨きます。 企業のブランド創りや御社の秀逸な製品、優れたサービスのブランディングに関するご用命は、ContactUs より お願い致します。


Copyright (C) 2005-2016 SunVerdir. All Rights Reserved.

18歳選挙!『一億総選挙革命』 座間宮ガレイさん @ 岡山.

はじめての選挙 “ 18歳選挙 ” のページ

座間宮ガレイさん @ 岡山.



いま、私たちが主役 』 @ ママカリフォーラム.

日時 : 2016年5月29日(日)14:00 - 16:00 (開場 13:30)
会場 : 岡山コンベンションセンター(ママカリフォーラム)
    リットシティビル 2F レセプションホール

基調講演 : 「 目からウロコ ― 選挙はおもしろい!」
講師 : 座間宮ガレイさま @zamamiyagarei

ディスカッション : 「 江田五月から黒石健太郎へバトンタッチ 」
主催 : 「いま、私たちが主役」市民集会実行委員会





ウイングバレイ白熱教室。鬼ノ城の角楼で、総社市の健やかな未来に想いを馳せて、心を鬼にして諫言を!

古代山城 “ 鬼ノ城 ” に想いを馳せるページ
国史跡『鬼城山』 古代山城 “ 鬼ノ城 ”

国史跡『鬼城山』 日本100名城

2016年5月1日〔日〕。JR総社駅から無料サービスの鬼ノ城シャトルタクシーに乗車し、初めて鬼城山へ行ってきました(感謝です)。

その道すがら、パンフレットに読んでいた歴史の遺産は私の想像を遥かに上回る、将に一大スペクタクル。インバウンド観光において岡山県総社市は、鬼ノ城はじめ備中国分寺総社宮など羨ましい限りの名所旧跡を有する、チャンスに塗れた垂涎の土地柄。そんな恵みに溢れた吉備国なれば、しばしば争奪の地と化し動乱の都度、覇者の手により歴代首長名は書き換えられ、よって精緻な史実は闇の中。そうしたミステリーな伝説が総社市に纏わる一つの理由かも知れません。と、その総社市は今。経済産業面で未曾有の騒乱に巻き込まれて、青息吐息。



上記のニュースを拝見した時とても残念に思われたのは、過去からのシガラミを断ち切り “ 脱ケイレツ ” の努力をしていない、総社市政の来し方行く末。背に腹は代えられなければ特定企業への利益供与など何でも犯してしまう総社市発 2009年1月のニュース『総社市、三菱車購入に10万補助/地元下請け支援』by 四国新聞社様.には驚かされたワケですが、その後 2013年から2014年に逮捕者を出した『総社市官製談合事件 元部長級職員らを新たに逮捕』by KSB瀬戸内海放送様.のニュースに接したとき私は、それは特定事業者に利益誘導を公然と行う「組織の体質の問題」なので必然なのだと感じ考え、特に驚くことはありませんでした(涙)。

その後も 2015年3月の『総社市プレミアム付商品券 三菱自動車分予約受付開始』by 倉敷ケーブルテレビ様.のニュースに観るように、地方自治体挙げて市場への介入を繰り返し、地場産業の系列企業化を主導。競合他社に対する参入障壁が築かれた閉鎖性の強いマーケットで保護される地元企業の市場競争力は剥落し、核となる有力企業の有事の折々に公金投入を余儀なくされる、辛くて悲しい総社市政は留まる所を知りません。そうした援助交際の行く末は、共に手を携えて一緒に湖底へ沈みゆく『失楽園』か、はたまた、デトロイトシティかも…(´;ω;`)

心を鬼にしてお伝えしたい諫言
守るべきは特定事業者ではなく、総社市民の暮らし守るべきは三菱自動車ではなく、健全な競争を促す公正な市場。どうか為政者の方々は、お忘れなきように…。


過度の保護主義が招く、総社市の四面楚歌

冒頭に記しましたように、羨ましい限りの名所旧跡を有する総社市は、チャンスに塗れた垂涎の土地柄。だからこそ艱難辛苦を乗り越えて、高い文明を誇った吉備王国の如く、再興されることを願わずには居られません。その際どうしても心を鬼にして大市場の摂理に無理解な、大企業での勤務やマネジメント経験を持たない首長に諫言しなければならないことは、個別(特定)企業への利益誘導を軸とする旧態依然とした保護政策は即座に打ち切りましょう、ということ。様々なイベントの先頭に立ち、自ら地域おこしを率先垂範する総社市長の片岡聡一様は好感の御仁であり、末永くご活躍を願うからこそ、苦言を呈することも重要かと存じます。

市長が一つ不幸なのは、競争市場を理解していない首長に「ならぬことはならぬものです」と諌めて差し上げることの出来る側近が不在と思しきこと。できることなら “ NHKハーバード白熱教室 ” でお馴染みの、米国の倫理学者で政治哲学者でもいらっしゃるマイケル・サンデル教授の指南を仰ぎたく。そぅ、地方自治体の特定企業を保護する政策は、正義なのか!?

 振り上げた拳を三菱コンツェルンに落としてしまい、もはや四面楚歌……。

 
反面教師から学ぶ、ウイングバレイ白熱教室

総社市の再興のために事の顛末を下記、時系列で整理。
経営学部の公開授業や、MOOC等に お役立てください

1. 2009年1月。四国新聞社様のニュースに読む
 『 総社市、三菱車購入に10万補助/地元下請け支援 』はジャスティスか?

2. 2014年1月。KSB瀬戸内海放送様のニュースに読む
 『 総社市官製談合事件 元部長級職員らを新たに逮捕 』は偶然か必然か?

3. 2015年3月。倉敷ケーブルテレビ様のニュースに読む
 『 総社市プレミアム付商品券 三菱自動車分予約受付開始 』この大義は?

4. 2016年4月。朝日新聞社様のニュースに読む
 『 三菱系にふるさと納税要求 岡山県総社市、取引先支援で 』は適正か?

5.特定企業の不祥事の度に揺れ動く総社市の再興 』への道程は?

 来るもの拒まず、去る者追わず。オープンでウェルカムな精神が重視される時代 ☆彡

上記 1. - 4. に関する議論は、地域の未来を担う総社市民みな様にお譲りし、5. に関する、私のオピニオンを形成している検索クエリ(キーワード)は、『自動運転車』だということを記します。永らく自動車産業を支えた基礎技術を蓄積する協同組合ウイングバレイなれば、自動運転車に活路を見出して戴ければ有り難く。このようなソーシャルお節介は恫喝されて一蹴されるのが一般的なオチですが、弾き語りで『乾杯』を熱唱される、ヴァイタリティとカリスマ性に満ち溢れた総社市長のイノベーション魂に一縷の望みを託して、拙コラムをエントリーいたします。

地方自治体の財政破綻や、消滅可能性都市への現実味が増します昨今だからこそ、誰かが心を鬼にして諫言しなければ、吉備王国は再び滅してしまうと思います。再興に向き合う素敵な片岡市長様と声高らかに “ 乾杯☆彡 ” できる、その日を楽しみに (*^^*)。



雇用創出を目的に据える地方創生と、人類から雇用を奪うディープラーニングは、トレードオフの関係か !?

地域をニューラルネットワークで考えるページ
地方創生おかやま。飯テロと、シンギュラリティ

すでに起こった未来は希望か!? 脅威か?

先般『人工知能の勝利で「喪失感」 アルファ碁関係者の告白』を読むほどに、シンギュラリティ(技術的特異点)予想日を前倒しせざるを得ない、刺激的なレイヤーに突入した模様。実に情報通信事業部に所属していた1999年。

映画『The Matrix』のスポンサー企業の営業企画担当者として招待券が手渡され、試聴を義務づけられた折、某か今でいうディープラーニングを既に予感していたような、そんな気がいたします。 THE MATRIX - are YOU the ONE ?


なぜ私は飯テロを繰り返すのか?

話は飛びますが、いいね!数3,000をカウントする地方創生オウンドメディア “ あいらぶ岡山 を運営しているにも係わらず、菅野の個人フィードの平均いいね!は概ね3から、せいぜい12。理由は、家飯を見せびらかすだけのソーシャルフィードは単に嫌われているだけだから。と、至ってシンプル。で、原因が分かりながら、なぜ飯テロを繰り返すのか!?って、答えもシンプル。

なぜなら、ロボットやヒューマノイドは如何ほど進化しても食事はしないと考えるから…。そう、菅野のソーシャルフィードのターゲットは、そもそもヒューマンを対象にしたものではなく、やがて人類を次々打ち負かしてしまうであろうAIに対し、少なからず食文化の領域は渡してなるものかという挑戦心―― それは、あらわになった敵対心とも ――その表現でもあるのです。

数百年後。味覚を会得した人工知能(AI)が地団駄を踏むような…(*´艸`*)





about 全脳アーキテクチャ若手の会

またもや話は飛びますが、全脳アーキテクチャ若手の会様のWebサイトよりオープン提供くださる『リカレントニューラルネットワークの概要と動作原理』by 竹田卓也 様.の研究レポートを拝読たちまち、奇妙な確信に満ち溢れ、言葉にし難い歓びに浸ってしまったワタクシ。

なんせ菅野の好きな言葉は、「真・善・美」「継続はチカラ也」「守・破・離」の3つ。ズンチャッチャ♪ ずんちゃっちゃ♪♪ どうやら私の思考の根幹には3拍子のワルツのリズムが流れている模様で、スリーポイント、スリーサイズ…もとい(汗)。時空間を激しく意識する3次元や、その先にまた何かが存在していてワクワクさせてくれる、3層構造など「3」スリーが大好き ♡

ようやって3年後、世の中は激しく変遷しているものと存じます。その兆しとして私が注視している大慌ての国家プロジェクトは、1. 地方創生(内閣府)、2. 農業IT産業(首相官邸)、3. AI〔アグリ・インフォマティクス〕農業(農林水産省)の3つの国策。岡山に暫く潜伏し、時代の潮流を見極めた私は、地方都市から日本を支えようと、とうに覚悟を決めて御座います

地方創生おかやまプロジェクトを推進する者として、これだけは忘れてイケナイ哲学的サイバー空間の、肝に銘じておきたい自問自答は、are YOU the ONE ? どんな時代に突入しようとも、私の答えは間髪入れず、I am the ONE! まだ観ぬ未来を愉しみましょう !!



地方創生に背信する岡山市政の、平成28年度当初予算編成。子育て支援は後回し、消滅可能性都市へ まっしぐら!

ブログ “ 保育園落ちた日本死ね ” 考察のページ

おかやま都市ビジョン研究会まちづくりWG
あいらぶ岡山な研究会 」

2016年2月20日(土)。第24回 おかやま都市ビジョン研究会に、21名もの有志が参加くださいました。

当日のテーマは、1. 新しい文化芸術施設(新岡山市民会館)の整備に関する基本計画(骨子案)へのご意見(パブリックコメント)募集についておよび、2. 中山間地域の活性化。わたくし菅野のテーブルには、岡山を愛する研究会生え抜きの諸先輩と、本会を立ち上げてくださった志の高い国会議員。しかも大学生女子と高校生男子を交えて様々活発な情報交換がなされ、貴重なご意見、斬新なアイデア、忘れてはならない郷土愛、若者視点で観た岡山の理想像(グランドデザインの素)等、眼から鱗の時間を共有することが出来ました(嬉)。

「おかやま都市ビジョン研究会」に参加しました。「おかやま都市ビジョン研究会」は、2年前、私が岡山市長選挙に落選した後立ち上げた会で、衆議院議員に当選後も、長谷井・赤松両共同代表のもと、毎月開催されています。(私は顧問を拝命しております。...

Posted by 高井 たかし on 2016年2月20日


それも高校生は現役のロッカー(ベーシスト)で、中四国〜近畿のコンサートホールへ実際に足を運んでいるため、ミュージシャンとして開催側の視点に加えてファン側の視点に基づき、新岡山市民会館要不要に関する垂涎の情報をタイムリーに提供してくれました。本研究会の生え抜きの諸先輩からは、本当に次の世代の為になるのか!? 千日前や表町商店街の活性化に貢献するだろうか? 菅野からは巨額な公金165億円を超える事業を強行する前に、子育て支援や教育などへの投資を十分に行い、それでも公金が余剰しているなら建設を検討すればいい。というように多彩な意見が幾つも寄せられ、それらを高校生男子は丹念に取りまとめ、当グループのパブリックコメントとして全体の場で発表してくれました(素晴らしかった!)。

※ 下記ご参考として

1. コンサートホールには数千名が集うため、メガイベントの前後に辺りは熱狂的なファンを含めた聴衆により騒然となる。その状況を許容できる環境(地域)でなければ建設不可であり、千日前は論外

2. 公共交通が機能不全に陥っている岡山市では、ホールに集う数千名のうち自転車や原付きバイクによる来訪者は多く、駐輪スペースを十二分に確保できなければ建設不可であり、千日前では難しい

3. 最低2500席で、例えば3000席など倉敷市民会館の1996席を遥かに上回る、他府県からも集客できる中国四国のシンボリックなコンサートホールでなければ、そもそも新たに建設する必要はない

4. ツアートラック(11t車)の搬入プラットフォームを持たない岡山シンフォニーホールの欠陥を改造・改修で補い、大手芸能プロダクション大手に選ばれるホールに再生し、有効利用することが重要だ

5. 岡山市政は子育て、教育など深刻な問題解決を最優先すべきで、ハコモノ、鉄モノ、社会実験モノや現代芸術は後回し。一旦ゼロベースに戻し、市民の視点で公金に余剰があれば再検討しましょう

※ 上記ご参考として

手弁当で参加くださる気概に満ちた研究メンバー皆さまに、感謝の念に堪えません。ありがとう存じます (^^)人 岡山の健やかな未来は、私たち住民の手で実現しましょう!


平成28年度当初予算編成過程の見える化


はてさて、今回の本題。“ 平成28年度当初予算(案) ” に接し、自立した岡山市民の責任の下において、わたくし菅野のパブリックコメントをここに記します。

岡山市政の深刻な問題は、消滅可能性都市に対する希薄な危機感。そこで、

平成28年度当初予算(案)に関し、昨年12月7日に行いました岡山市長期構想(仮称)素案に対するパブリックコメントに基づき、下記の実行を緊急提言いたします。


その際、財源根拠とすべきはP12. コンパクトでネットワーク化された快適で多様なまちづくりに散りばめた恣意的予算のうち、特定企業への利益供与部分の転用。

例えば、1. P12.既に役割を終えた昭和〜大正のレガシーインフラ、今や交通渋滞の立役者である路面電車の乗り入れ調査・検討 43百万円、2. P12.ナンセンスな吉備線LRT化検討 20百万円、3. P13.特定企業への利益供与に相当する公共交通移動円滑化設備費補助事業 47百万円、4. P13.民間に任すべき超小型モビリティ 20百万円、5. P15.企業の財源で催すべき 岡山芸術交流 Okayama Art Summit 2016 180百万円。ここまでで、310百万円の財源確保

何より前述の、新しい文化芸術施設(新岡山市民会館)の整備に関する基本計画は無用の長物なので、保留床取得額 165億円は宙に浮く。よって日本一の子育て支援、ネウボラおかやまを岡山市政の巨大プロジェクトに据えれば、激化する都市間競争をも勝ち抜ける地方創生の本質は、健やかな地域のグランドデザインを描ける人材の争奪戦




保育園落ちた日本死ね(原文) 』

予算を組む際に、子育て支援を優先するのはゴク当たり前の世の中で(例えば、岡山県「岡山県人口ビジョン及びおかやま創生総合戦略を策定しました!」ページ内の、『「岡山県人口ビジョン」「おかやま創生総合戦略」概要版』をご参照)、子育て支援、教育投資、児童の貧困問題の解消等を後の後回しにしている岡山市。“ 保育園落ちた岡山死ね ” と聞こえてきそう…(涙)。


残念なことに岡山市は人材不足。社会の問題を抽出し、将来視点で何に予算配分すべきか。都市ビジョンを描き、フレキシブルに予算組みのできる人財確保が急がれましょう。

毎度お馴染みの面子で岡山市民を置き去りにし、特定企業への利益供与を続ければ、この街の成長可能性は潰えてしまう。翻って、消滅可能性都市へ まっしぐら! あいらぶ岡山 ♡ 私は岡山が大好き。なれば損は覚悟で、提言を続けます。よろしくお願いいたします !!


サーチ & ソーシャル・ボタン

カテゴリー・プルダウン
ページ・ビュー数 速報

    スポンサード・リンク ほか
    Social Media / SunVerdir
    Blog パーツほか
    岡山人ブログ|岡山のステキなブログが満載
    月別コンテンツ一覧
    • ライブドアブログ
    ハッピーポータル ソーシャル起業、スタートアップ。健やかな未来のビジネス・アイデアも。