転職を探している女性に多いのが、 「事務の仕事がしたい!」 という声です。
その一方で、事務の仕事にはたくさんの種類があり、どの事務職を選べば良いのか迷ってしまいますよね。

『どの事務職へ応募するのが正解なの?』

そんな悩みを抱えている方へ。
ここでは“求人へ応募する前に役立つ”事務職別の仕事内容や向いている女性像を徹底的に分析いたします。
応募前に目を通しておけば、自分に合った職場が分かるため、採用率アップにもつながりますよ。

「一般事務」の仕事内容が知りたい!

求人募集の中でも、一番多いのが「一般事務」の仕事です。
ですが、「一般事務」と言われても、何が一般なのか、事務未経験の女性には分かりませんよね。

一般事務の求人に応募した場合、下記などの仕事が主になります。

  オフィス内での来客や電話
  メール応対、書類作成
  ファイリング
  郵便物の仕分け
  データ管理
  オフィスの簡単な清掃
  ポストや銀行などへのお遣い

仕事で必要な物の買い出しなどを頼まれることもあるでしょう。


このように、「一般事務」の仕事は、オフィスの仕事が滞りなく流れていくようサポートする、”何でも屋的な存在”です。
商談や営業などは行いませんが、円滑に事業を進めるため、必ず必要な存在だと言えるでしょう。

特に来客応対の際は、会社の顔となります。
企業にとって恥ずかしくない存在でいられるよう、服装や髪型、言葉遣いなどに気をつけ、職場の品位を守るようにしましょう。

「一般事務」に向いているのはどんな女性?



イメージ参照元:https://taisy0.com/2017/11/21/89174.html

「一般事務」に向いているのは、地道な作業が好きな女性や、細やかな気遣いができる女性です。
多くの社員のサポートを一人で行うことも多いため、丁寧かつスピーディーに仕事をこなせる能力も求められるでしょう。

これもできるとさらに採用率UP!!

パソコンを扱うことが多いため、ワードやエクセルなどが得意な女性は重宝されます。
これから求人を探すなら、MOS資格などを事前に取得しておくと、現場で慌てず業務がこなせるでしょう。
来客や電話での応対がスマートに行えるよう、マナースキルを磨いておくのも良いですね。


目の前の仕事へ真面目にコツコツ向き合える女性なら、一般事務職で必ず力を発揮できます。
誰でもできる仕事、という考えではなく、 「自分の存在がオフィスを支えているんだ」 という強い意志を持って、仕事に向き合うようにしましょう。


「一般事務」から専門分野へ抜擢されるケースもあるため、まずは仕事の基本を一般事務職で学び、キャリアアップを目指すのもオススメです。